teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


秩父鉄道拝見しました

 投稿者:isobe201  投稿日:2012年 2月16日(木)02時04分54秒
  Photo27の横瀬川橋梁が良いですね。小生は「ここからでは遠いし、黒谷駅の到着に備えてスカではないかな?」と考えて、下見したたででしたが、期待に反して(!)煙も良いし、風景画迫力あるので、見栄えがしますね。荒川橋梁の俯瞰も一度は行って見たいのですが、小生の場合、いつも家を出るのが8時過ぎなので、とてもかなわぬことです。

http://homepage3.nifty.com/isobe201/index.html

 
 

皆さんへ

 投稿者:熊○メール  投稿日:2011年11月13日(日)22時15分55秒
  パイナップルさんへ
確かにスカートが長いですね。 今時、こんな長いスカートは無いですよね・・・。 ブタ小屋も今の鉄チャンは当然知らないでしょう。 今はこの撮影地何てよんでるんですかね?

isobe201さんへ
ブタ小屋のカーブは数え切れないくらい撮影しています。 こんな爆煙はその中の一握りです。 煙が良くても風で流れたりして中々形の良い煙には巡り会えないですね。
船橋西高は生徒自作のヘッドマークまで付ける力のいれようでした。 既存の枠にとらわれない先生方がいらっしゃったんでしょうね。

http://www.geocities.jp/kumada_tetsu/index.html

 

山口線拝見しました

 投稿者:isobe201  投稿日:2011年11月 9日(水)04時15分31秒
  小生も大引越Tー小河内Tのカーブは山口線に通い始めた2年目から3,4回通いました。その後「二反田の爆煙は素晴らしい」という噂を聞いたり、「ガケ展」の俯瞰に魅了されたりして、もう20年近くもご無沙汰をしています。GWや夏休みに行ったせいか、熊○さんの作品のような爆煙は、ここでは拝めたことがありませんです。
それにしても、修学旅行でやまぐち号を利用するなど、粋なはからいをする高校もあるものですね。

http://homepage3.nifty.com/isobe201/index.html

 

拝見しました

 投稿者:パイナップル  投稿日:2011年11月 6日(日)21時51分31秒
  拝見しました。女子高生のスカートが懐かしいです。我々高校時代は、ボンタンと長~いスカートがはやりでしたね。ブタ小屋も懐かしいです。この地にブタ小屋があったことを知っているファンは少数派でしょう。

http://homepage3.nifty.com/ykoike/

 

こんばんわ(^。^)y-.。o○

 投稿者:shimamotoメール  投稿日:2011年10月17日(月)20時31分44秒
  先日は、ありがとうございました。
素晴らしいホームページですね。
写真の数々を拝見して昔を思い出しています。
新しい作品のアップを期待しています。
 

蒲田電車区のこと

 投稿者:isobe201  投稿日:2011年 9月28日(水)20時40分59秒
  熊○さん
「砂の器」の原作で、蒲田操車場と表記されているのは小生も気になっております。松本清張が執筆していたころには、蒲田電車区はまぎれもなく京浜東北線の電車専用でした。それでもここは元をただせば、多摩川べりにかつて存在した直営の火力発電所へ燃料の石炭を運搬する専用線の起点でもあり、発電所があった大正15年すなわち昭和元年までは電車と貨車が混在する文字通り操車場であったわけです。
http://golgodenka.com/reports/railway/jnr-yaguchi-ps-untan01/jnr-yaguchi-ps-untan01-01.html
小生の幼少時には、蒲田電車区の端には貨車専用のターンテーブルが残っていましたし、専用線の跡にはまだレールが残っている部分もありました。松本清張が執筆の際に取材した相手や、取り揃えた資料から、このような歴史をよく知っていたのかもしれません。
しかしながら、小生は「操車場」という言葉の語感が単純に「電車区」よりもイメージが膨らむという理由からではないかと思っております。

http://homepage3.nifty.com/isobe201/index.html

 

isobe201さんへ

 投稿者:熊○メール  投稿日:2011年 9月25日(日)23時56分32秒
  ご訪問有難うございます。 間違いのご指摘も有難うございました。 別のファイルをコピペした為、間違えました。 早速修正しました。 「砂の器」ですが、「蒲田操車場」という表現が気になっていました。 貨物なんかいないんですけどね・・・・・。

http://www.geocities.jp/kumada_tetsu/index.html

 

盛り沢山ですね

 投稿者:isobe201  投稿日:2011年 9月25日(日)22時01分49秒
  熊○さん
拝見しました。今回は実にバラエティ豊富な内容ですね。三岐鉄道は熊○さんの地元のようですが、専貨が健在なのはいいですね。先日のTVドラマの「砂の器」の蒲田電車区は三岐鉄道東藤原がロケ地だったそうです。
武豊線、吉備線ともに手前はツツジでしょうか?鮮やかなピンクの絨毯がC56のようなカマには似合いますね。
小生は蒸機以外はほとんど撮影しないのですが、八高線だけは例外で、電化前はよく行きました。でも土日は大半が機関車のみの回送で、ずいぶんとがっかりすることが多かったですね。ところでNo95,96はいずれも小宮-拝島の多摩川橋梁ではなく、金子-東飯能の入間川橋梁ではないかと思います。
多摩川橋梁
http://www.ktr.mlit.go.jp/keihin/tama/know/bridge/01/20.htm
入間川橋梁
http://www2.pf-x.net/~musashino/0212.htm

http://homepage3.nifty.com/isobe201/index.html

 

kののさんへ

 投稿者:熊○メール  投稿日:2011年 8月13日(土)09時22分19秒
  グーグルアースで見てみたら、中在家信号所は影も形も有りませんが、信号所のスイッチバック線と待避線が残っている様ですね。 その線路の事をおっしゃっているのですね。  

中在家信号所

 投稿者:k.ののメール  投稿日:2011年 8月12日(金)17時27分55秒
  こんばんは
中在家信号所での交換が無くなった、とWeb上で書かれていましたので、柘植側の線路だけが取り残されているようですね。

関西線の貨物は有りませんが、紀勢線の鵜殿行きなら▽936着と△1540発が、走っていますが単機だったかなぁ?

http://orange.ap.teacup.com/knono3/

 

レンタル掲示板
/23